オープンカー

ダイハツ・コペン

軽自動車は今の日本の自動車業界の中で、トップの売り上げを記録しているクルマのジャンルと言う位置づけになっています。そんな軽自動車と言えば今では実用性が重視される時代になっただけに、背の高いトールワゴン系の軽自動車が多く発売されるようになっています。

 

 

ですが、この軽自動車と言うジャンルにもオープンカーは存在しています。その中で、最近の軽自動車のオープンカーとして有名になっていたのはトヨタ自動車のグループ会社のひとつであるダイハツから発売されていた「コペン」がそれにあたります。コペンは2002年に発売し、2012年の9月5日に販売を完全終了する結果になりました。

 

 

オープンカーのほとんどの例に漏れずにこのコペンの2シーターのクルマとなっており、実用性には確かに欠けるものとなっています。しかし数少ない軽自動車のオープンカーであるということ、新車で購入することが出来るオープンカーの中では軽自動車なので費用が安く済むと言うことなどから人気は決して低くはありませんでした。

 

 

そしてこのコペンが生産・販売終了したことによって4気筒のエンジンを搭載した軽自動車の歴史も、現在では1つのこらずと言う形で途絶えることになりました。

 

 

ダイハツ・コペン関連エントリー

マツダ・ロードスター
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ホンダ・S2000
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
トヨタ・MR−S
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ダイハツ・コペン
大好きなオープンカーのこと、あれこれ