オープンカー

フェラーリ・F430

赤いボディにスタイリッシュなスタイリングのイタリアのスーパーカー、それがフェラーリであり、日本人でも数多くのマニアが存在しています。今では日本のレースにアニメのキャラクターを描いたフェラーリが参加しておりバトルを繰りひろげていますが、そのフェラーリこそがオープンカーのモデルがあることでも有名なフェラーリの1台である「F430」です。

 

 

正式なオープンモデルのフェラーリはF430の後に「スパイダー」と名づけられており、この430という名前の理由はそのエンジンの排気量が4300ccであることから名づけられました。日本価格でスパイダーのマニュアルモデルは2600万円と、フェラーリの例に漏れず相変わらず高価なものとなっています。オープンモデルだからと言ってそのメカニズムに妥協はせず、F1への参戦経験もあるフェラーリだからこそ市販車にもそのテクノロジーを惜しみなく注ぎ込みました。

 

 

それからそのF1でのタイトルのひとつである「自動車製造部門」で16回もの史上最多となる受賞をしたことがきっかけで、F430スパイダーの特別仕様車である「スクーデリア・スパイダー・16M」と言うモデルが499台と言う限定生産で販売されました。

 

 

フェラーリ・F430関連エントリー

メルセデスベンツ SL
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
アウディ・TT
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
フェラーリ・F430
大好きなオープンカーのこと、あれこれ