オープンカー

ランボルギーニとは

オープンカー

今や世界中で走っている車ですが、その中には一般庶民が中々手に入れることができないような高級車も多くあります。ランボルギーニ製の車もそうした高級車として非常に有名で、ランボルギーニのオーナーになっている人は社会的成功を収めた方ばかりです。

 

数ある高級車の中でもランボルギーニは非常に男性受けがよいイメージがあります。燃費のことなどひとかけらも気にしないような爆音を奏でるエンジンに非常に特徴的な鋭角的で洗練されたフォルムやシザードア等など非常に男心をくすぐる作りをしており、こうした特徴はランボルギーニが本格的にスポーツカーを作り始めたころから一貫しており、80年代のスーパーカーブームを引っ張ったランボルギーニ・カウンタックは今では車好きなら知らない人はいないほどの有名車となっています。

 

値段のほうも有名者だけ合って非常に高額で、輸入車カタログを除いてみると二千万から4千万円は当たり前といった具合に数字が並んでおり、憧れの的になるのは当然といった雰囲気すらしてきます。こんな高級車を一度でいいから運転してみたいものですが、皆さんはどうでしょうか。もし余裕があるならランボルギーニオーナーになってみませんか?

 


ランボルギーニエントリー一覧

カウンタックシリーズ
ランボルギーニで出た車の中でも日本で特に有名なのはカウンタックではないでしょうか。この車は現在も多くの愛好家がいるランボルギーニの代表車種で、1990年代に生産が中止されるまで多くのモデルを生み出してきました。1970年代後半から1980年代に日本で起こったスーパーカーブームの火付け役となったことでも知られており、当時はカウンタックなどのスポーツカーが掲載されているグラビア雑誌や、スーパーカー消しゴム、スポーツカーのプラモデルなどありとあらゆるところにカウンタックの姿がありました。そのイメージは...
ランボルギーニの燃費
スーパーカーのメーカーとして知られるランボルギーニは非常に高い性能や洗練されたデザインなどから多くの愛好者がいる世界的にも有名な高級車メーカーですが、このランボルギーニの作る車の特徴はデザインや性能だけではありません。ランボルギーニの大きな特徴として知られているのがその燃費の悪さです。確かにランボルギーニが手がける車は非常に高い性能を誇っているのですが、あくまでエンジンの性能に特化した設計の結果ランボルギーニのエンジンは驚くほど燃費が悪く、全力走行させた日にはあっという間にガス欠になるのではとも...
ランボルギーニの維持費
人生の内一度でいいから高級車に乗ってみたいと考える方は少なくないでしょう。そんな考えを持って今も貯金を続けているといる方も多いのですが、高級車が高級車たるゆえんはその値段だけではありません。高級車はその維持費も非常に高額といわれています。スポーツカーという車は性能にこだわって作られているだけあって使われているパーツ郡も高品質なものばかり使っています。その上海外製のパーツを使用する事になるので、故障した場合は海外から取り寄せたりする必要があるので、必然的にパーツの代金も高くなります。パーツにもより...
ランボルギーニのドアはガルウイング?
ランボルギーニの特徴といえばあの独特な形をしたドアですが、ああいったタイプのドアを何というか皆さんはご存知でしょうか。多くの方がガルウイングと覚えているのではないかと思いますが、実はあのタイプのドアはガルウイングドアとはまったく別の種類のドアで、ランボルギーニドアやシザードアなど様々な名称で呼ばれています。一体ガルウイングドアと何が違うのでしょうか。そもそもガルウイングとはかもめの翼という意味を持ち、扉を上げた形状がかもめに似ていることから名付けられたのに対し、ランボルギーニのドアは垂直に近い形...
ランボルギーニ・ガヤルド
世界的な自動車メーカーとしてその名が知られているランボルギーニは、現在に至るまで様々な車を発表し、世に送り出してきました。特徴的なデザインや高性能が人気を集め非常に高額ながらも多くの車好きがランボルギーニのオーナーとなっています。そんなランボルギーニが現在販売している車種は2種類で、そのうちの一つがランボルギーニ・ガヤルドです。ランボルギーニ・ガヤルドは、かつて存在していたベビー・ランボルギーニの後継機として発表され、多くのバリエーションを生み出しつつ販売が続けられており、現在ランボルギーニで開...
ランボルギーニ・アヴェンタドール
世界中で人気を集めているランボルギーニが2011年に販売を開始したランボルギーニ・アヴェンタドールは、2010年に生産を終了したランボルギーニ・ムルシエラゴの後継車種として発表され、多くの話題を集めました。ランボルギーニ・アヴェンタドールの大きな特徴として挙げられるのがやはりランボルギーニらしい低い車高と前身のムルシエラゴよりも強烈に存在感をアピールするその鋭角的なフォルムでしょう。そのデザインは非常に未来的で男心をくすぐるデザインとなっています。アヴェンタドールはエンジン、トランスミッション、...
ランボルギーニのトラクター
ランボルギーニといえば、カウンタックなどのスポーツカーのイメージが強いかと思いますが、実はランボルギーニが車メーカーとして初めて販売した車はトラクターで、スポーツカーの生産を始めたのはそれからしばらく経った後なのです。70年代にトラクター部門は他社に買収されましたが、現在でもトラクターの生産販売は続けられており、新しいモデルのトラクターが生まれています。ランボルギーニが手がけるトラクターはどれもトラクターとは思えないほどデザインが洗練されており、トラクターなのにすごい速度が出せそうな雰囲気をかも...
ランボルギーニ・350GT
ランボルギーニについて語る上で絶対に外すことができないのが、ランボルギーニ・350GTです。350GTはランボルギーニが初めて量産したスポーツカーで、ある出来事が無ければこの車は生まれてこなかったかもしれません。ランボルギーニは当時トラクター会社としてかなりの地位を築いており、会社の創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニは自身の趣味である車のコレクションに夢中になっていました。そんな時彼の所有していたフェラーリのクラッチに欠陥が見つかり、それを修理しようとしてみるとそこに使われていたのが自社の...
ランボルギーニ・ミウラ
ランボルギーニが生産したスポーツカーの中でもランボルギーニ・ミウラはランボルギーニの黄金時代を切り開いた車として知られています。日本人から見るとミウラという名前から連想するのはやはり「三浦」という苗字のようで、初めて名前を聞いた方は車を作るにあたって三浦さんが何らかの活躍をしたのではと思うかもしれませんが、このミウラという名前は当時闘牛に使う牛を育てる牧場の中でも特に優秀な牛を輩出していたミウラ牧場から取られたもので、ランボルギーニはこのころから車に闘牛に関した名前をつけるようになったそうです。...