オープンカー

ランボルギーニ・アヴェンタドール

世界中で人気を集めているランボルギーニが2011年に販売を開始したランボルギーニ・アヴェンタドールは、2010年に生産を終了したランボルギーニ・ムルシエラゴの後継車種として発表され、多くの話題を集めました。

 

ランボルギーニ・アヴェンタドールの大きな特徴として挙げられるのがやはりランボルギーニらしい低い車高と前身のムルシエラゴよりも強烈に存在感をアピールするその鋭角的なフォルムでしょう。そのデザインは非常に未来的で男心をくすぐるデザインとなっています。アヴェンタドールはエンジン、トランスミッション、サスペンション、ボディーといったパーツを全て一から作り直して作られたそうで、今までにない先進的な車を目指して開発したとされており、同じく現行生産されているランボルギーニ・ガヤルドが比較的日常使用を考慮して作られているのに対し、アヴェンタドールはよりスポーツカーとしての在り方に重点を置いて作られているように感じられます。

 

様々な新技術が使われたこのアヴェンタドールは価格もかなりの高額になっており、販売価格はおよそ4千万円ほどで取引されています。それでも販売開始時点で日本だけで100台以上のオーダーがあったそうなので、これから先も愛され続ける車となるのではないでしょうか。

ランボルギーニ・アヴェンタドール関連エントリー

カウンタックシリーズ
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニの燃費
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニの維持費
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニのドアはガルウイング?
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニ・ガヤルド
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニ・アヴェンタドール
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニのトラクター
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニ・350GT
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニ・ミウラ
大好きなオープンカーのこと、あれこれ