オープンカー

ランボルギーニのトラクター

ランボルギーニといえば、カウンタックなどのスポーツカーのイメージが強いかと思いますが、実はランボルギーニが車メーカーとして初めて販売した車はトラクターで、スポーツカーの生産を始めたのはそれからしばらく経った後なのです。70年代にトラクター部門は他社に買収されましたが、現在でもトラクターの生産販売は続けられており、新しいモデルのトラクターが生まれています。

 

ランボルギーニが手がけるトラクターはどれもトラクターとは思えないほどデザインが洗練されており、トラクターなのにすごい速度が出せそうな雰囲気をかもし出しています。デザインはもちろん性能も非常にレベルの高いものとなっており、厳しい農作業でも負けないパワーを持ったエンジンや直感的に作業が可能なコントロールシステムなど細やかな配慮がなされており、農作業をサポートします。

 

すぽつかーは無理でもトラクターならいけるんじゃないかと思う方も多いかも知れませんが、そこはやはりランボルギーニといった感じで、お値段は一番安いモデルでも2000万円、一番高いモデルだと2700万円はするのだそうです。スポーツカー業界でトップクラスのメーカーはトラクター業界においてもトップクラスのようですね。

ランボルギーニのトラクター関連エントリー

カウンタックシリーズ
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニの燃費
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニの維持費
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニのドアはガルウイング?
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニ・ガヤルド
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニ・アヴェンタドール
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニのトラクター
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニ・350GT
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ランボルギーニ・ミウラ
大好きなオープンカーのこと、あれこれ