オープンカー

トラックの積載量に対しての自動車税

トラックの場合は、最大積載量が増えることで自動車税が加算されますので注意してください。

 

 

まず、最低の1トン以下ですが、自家用の場合は8,000円、事業用の場合は6,500円になります。乗用車ほど自家用と事業用との差がありませんね。そして、これがトラックの最低自動車学となります。次に、1〜2トン以下になり、自家用が11,500円で事業用が9,000円になりますね。このように1トンずつ積載量が変わっていきますので、注意してください。そして、7〜8トンになり、自家用が40.500円で事業用が29,500円になります。これ以上は、1トンごとに自家用の場合は、6,300円プラスで事業用は、4.700円プラスになりますので注意してください。8トンを超えても1トンごとに増えていくので注意しましょう。このように乗用車とは異なり、最大がありませんので注意してください。

 

 

トラックの場合は、重くなれば重くなるほどいろいろと大変になります。まあ、その分入るスペースが増えることになるので、運ぶことに関しては良いですがね。しかし、乗用車と比べると自動車税の金額が小さいので、トラックで自動車税を払うこと関しては、乗用車よりも楽でしょう。ですが、ガソリン代を考えるといろいろと考えさせられるので注意してくださいね。

トラックの積載量に対しての自動車税関連エントリー

自動車税に該当するもの
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
乗用車の排気量に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
トラックの積載量に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
バスの乗車定員に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制と自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制で自動車税が安くなる車両
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制で自動車税の増える車両
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
払い忘れに注意
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
障害者の方のための減税対策
大好きなオープンカーのこと、あれこれ