オープンカー

バスの乗車定員に対しての自動車税

バスの場合は、バス内に乗れる人数によって自動車税が異なります。そして、他と違うのが、事業用には事業用(乗合)と事業用(その他)がありますので、どちらになるかをしっかりと調べてくださいね。

 

まずバスの場合は、乗車定員が30人以下から始まります。そしてその値段は、自家用33,000で事業用(乗合)が12,000円、事業用(その他)が26,500円になっています。基本的にバスの自動車税は高いでしょう。まあ、大きな車両ですから当たり前と言えば当たり前ですね。次に30〜40人以下と10人ずつ増えていきます。

 

ここでは自家用が41,000円で事業用(乗合)が14,500円、事業用(その他)が32,000円となっているでしょう。それぞれ8000円、2500円、5500円プラスされています。このように値段が上がっていき、80人を超えると自家用が83,000円、事業用(乗合)29,000円、事業用(その他)が64,000円になっているでしょう。基本的にこれ以上は上がりません。

 

このように、バスの乗車定員の数に応じて自動車税の値段が上がっていきます。だから、現在使用しているバスがどれくらい乗せることが出来るかを考えて自動車税を調べましょうね。

バスの乗車定員に対しての自動車税関連エントリー

自動車税に該当するもの
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
乗用車の排気量に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
トラックの積載量に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
バスの乗車定員に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制と自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制で自動車税が安くなる車両
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制で自動車税の増える車両
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
払い忘れに注意
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
障害者の方のための減税対策
大好きなオープンカーのこと、あれこれ