オープンカー

グリーン化税制と自動車税

オープンカー

グリーン化税制は、良い人には良く、悪い人には悪い税制です。だから、どのようになっているかに注意して対処してください。

 

グリーン化税制は、基本的に環境に優しい車両に優しい仕様になっています。このグリーン化税制に対応した車両を購入することで、1年間だけ自動車税を減税することが出来るでしょう。主に、電気自動車や天然ガスを使った自動車が対象となっています。また、ハイブリット車も対象になっているので、グリーン化税制で対象になっている車両を購入すると良いでしょう。

 

しかし、グリーン化税制に対応しているが、デメリットになる自動車があります。それがガソリン車やディーゼル車などでしょう。と言っても、新品なら問題ありません。ディーゼルなら11年、ガソリン車なら13年を経過した場合に重税することになるので注意してください。まあ、重税は大体10%以下なのでそこまで重い税ではないので安心してくださいね。

 

このように、グリーン化税制と自動車税があります。これを上手く使えば、それなりに良い買い物をすることが出来るのでよく考えてやってください。しかし、デメリットの方もあるので注意しましょう。デメリットの方に触れる前に、対処することをオススメします。


グリーン化税制と自動車税関連エントリー

自動車税に該当するもの
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
乗用車の排気量に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
トラックの積載量に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
バスの乗車定員に対しての自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制と自動車税
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制で自動車税が安くなる車両
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
グリーン化税制で自動車税の増える車両
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
払い忘れに注意
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
障害者の方のための減税対策
大好きなオープンカーのこと、あれこれ